スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空の音楽とトリックアート

梅雨明け後の刺すような日差しの中、美術館のはしごをした。
午前は東京都庭園美術館の有元利夫さんの個展、
午後は東郷青児美術館のトリックアート展

有元さんの絵は初めて見たような気がしなかった。
どこか懐かしさを感じる不思議な絵。
何かを超越してるようにも思えた。
展示されている場所は旧朝香宮邸を美術館として公開しているそうで
絵を眺めながらアールデコ様式の内装も楽しむことができる。
この空間に飾られたことで絵の魅力もより増すのかも。

トリックアート展は色々と錯覚を楽しめたけど
衝撃的だったのは森村泰昌さんの「ボデゴン(鼻つき洋梨)」。
『(作品説明)鼻が取り付けられた洋梨はまるで人格が宿ったかのように生々しく~・・・』
・・・・たしかに。


収穫1


常設している東郷青児さんの絵も素敵。
絵葉書と本を購入。
(下の画像左上はブックマーカー。一緒に行った友人からのプレゼント。)

収穫2


今日は感性を刺激されて、とても楽しかった!
20代の頃から時々絵などの展示会に行ってたんだけど
好きなものであると同時に救いを求めて観に行っていたところがあった。
心のバランスを取りにいってたというか。
今はあの時よりも少し余裕があるからか、素直に楽しいと感じられた。
大収穫の一日だった。

スポンサーサイト

PageTop

プロフィール

Author:しろたえ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。