スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木星と金星

昨夜、家族で外を歩いていた時のこと。
少し先を歩いていた父が立ち止まり、空を見上げていた。
「なんだ、あれ。」というので見上げてみると
明るい星が上下に二つ、綺麗に並んでいる。
ひとつは金星だと思うけど・・・もうひとつはなんだろ?

調べてみたら、金星の真上にあったのは木星だった。
あんまり綺麗だったから携帯で写真撮ったんだけど
全然映ってなかった・・・。

ところで、木星に夜中の明星という別名があるのは知らなかったな~。
明日の夕方には木星と金星に月も接近するようなので
天気が良かったらまた見てみようかな。

スポンサーサイト

産んでくれてありがとう

先程、ふと出てきた言葉。

わかるっ!!その2

毎日楽しく見ているMXテレビの「TOKYOモーニングサプリ」。
先日、番組の中で「騒音の処罰には嫌いな音楽が効果的?」
という海外のニュースを取り上げていた。
音楽を大音量で流す迷惑者に対して
その人が苦手であろう曲調の音楽を延々と聞かせることで
抑止効果が上がり、迷惑者が減っているのだそうだ。
自分がされて嫌なことは他人にもしちゃいけないとようやく学ぶということか?

スタジオではしばしどんな音楽が苦手か?という話になり
司会の徳光正行さんが最後に
「僕だったら、希望に満ちあふれたヒップホップの曲とかは地獄ですね」
というコメントで〆た。

爆笑。
そして、わかるなぁ~。

いい歌もあるんだろうけどさぁ、どうもダメなんだよねぇ。。
それだったら、ORANGE RANGEの「おしゃれ番長feat.ソイソース」の方が
断然いいって思っちゃうんだよなぁ。
まるで意味のない(本人たちにはあるのか?)言葉の羅列で
ノリしかないように聞こえるんだけど、あえて遊んでる感じがなんかカッコいいんだよね。


それにしても
いやー、徳光さん面白いっす。
この番組大好きだわ。

わかるっ!!

先程、TBSのはなまるマーケットに鈴木京香さんが出演していて
コーナーの中で負けず嫌い度、涙もろい度などを自己分析した表を紹介していた。
5段階評価で涙もろい度が4。
例え話として、映画「崖の上のポニョ」を見に行った時
開始5分で号泣して一緒に行った友人に驚かれたそうだ。

私も似たようなことがある。
2001年9月のアディエマス来日公演に行った時
1曲目が始まるやいなや、涙が込み上げてきて号泣。
そのまま終わるまで泣き通しで、一緒に行った友人にドン退きされた。

・・・・まぁ、そうだよね。
隣でいきなり泣き出してそのまま泣きっぱなしだったら
いくら「感動したから」と言ったって退くかもね・・・。
その後、友人とは渋谷駅に向かうまで気まずい雰囲気のまま無言で歩いた。
何年かしてそのことを友人に「あの時ビビった?」と聞いてみたら
「・・ん、まぁ。でも、何かが響いたんだろうなぁ、と。」

そうなのよ。
どうにも止められなかったの。
自分でも泣きすぎだろ、と思ったけど、涙の流れるままにしておいた。

あの時はアメリカのテロの直後で
メンバーの何人かが飛行機が飛ばず来日できなかった為
急遽代役が立てられたとのことで、ここにもテロの影響が・・・と驚いた。

私自身もテロの映像を見て受けた衝撃や動揺、
職場のことなどで心が不安定になっていたから
何か心を揺さぶられるものがあったのかもしれない。

自分でも意識していないのに、なんだかわからない感情が押し寄せてきて
涙がぶわっと溢れることがある・・・というのは
とても良くわかるなぁ~と思った。

今思えば、あれって浄化の涙だったのかもね。

ISISとヒプノセラピー

先日オラクルカードを引いていたら、「ISIS」が出た。

カードの意味・・「洞察力と答えをみつけるために過去生退行催眠を受ける・・・etc」

うーん。
ヒプノは昔から興味があったから受けてみたいけど、信頼できる人じゃないと
なんか怖いイメージがあるし、イマイチ踏み込めないんだよねぇ・・・
なんて思いながらリンクさせて頂いている
「アジア雑貨屋でホントにあったパワーストーンの話」のブログを開いたら
「ヒプノセラピストの資格を取りました!」と書いてあり・・・・驚いた。

ここの管理人pasarshantiさんはレイキの先生でもあり、某アイドルの萌え友。
長野県でヒーリングサロンなどのお店を経営されていて
私も2年前にレイキのファーストとセカンドを伝授して頂いた。

萌え話でも大いに盛り上がるけれど、トンデモネタもたくさんお持ちなので
話をしていると笑い転げるやら考えさせられるやら、とにかく面白い。

この方であれば信頼できるし・・・ヒプノ、受けてみようか。
というわけで、日帰りで長野へ。
道中、山の紅葉が素晴らしくて感動してしまった。
ここ最近紅葉を見に出かけるということがなかったので
今の時期に行ったのは正解だったかも。

そもそも何故ヒプノを受けようと思ったかと言うと
生まれたことへの罪悪感を感じている自分がいて
「こんな私なんて、幸せになっちゃいけないんだ。」
という思いが心のどこかにいつもあったから。
何故そう思うのだろう?
原因はいったい何?
その手がかりが何かつかめるかな?という期待から
いつか機会があれば受けてみたいと思っていたのだ。

ヒプノを受けて、「これが原因」と断定できるものが
見つかったのか、見つからなかったのか。
その辺はまだちょっと自分でも整理しきれていないのだけれど
pasarshantiさんのブログにも載せて頂いたように
「あなたは幸せだったんだよ、楽しく過ごしてたんだよ、生まれてきてよかったんだよ」
というメッセージを潜在意識が送ってくれているのかもしれない、と。

「幸せな私」と「不幸でいたい私」のせめぎ合いは今までもあったけれど
潜在意識へのアクセスがしやすくなってきているのであれば
いずれは「不幸でいたい私」の原因も消化できるのかな。

自分が変化、向上していく上でヒプノは必要な過程のひとつだったのかもしれない。
またそのうち受けてみたいと思う。

紅白

perfumeしか食指が動かん・・。

なに歌うのかな。
やっぱポリリズムかな。

UP-BEAT

私が学生の頃大好きだったバンド。
既に解散し、手元にあるCD等を聞くのみになってしまったけど
アルバムのタイトルに「inner ocean」とあったり
シングルのタイトルに「Angel's Voice」とあったり
トンデモ好きには引っかかるような言葉が時折出てくる。
「NAKED 」のジャケ写に至ってはボーカルの広石君の
眉間が青く光っちゃっててまんまじゃないか・・・!
当時はそれほど気にとめてなったけど、改めて見ると凄いなぁ。

心を探究するような歌詞が多かったから
そうゆうタイトルやジャケ写になるのは
それほど不思議ではないのかな。

自分と向き合い過ぎて、苦しんで、もがきながらも
必死で自分を生きていこうとする姿が響いたんだよね。
ちゃんと現実を生きてる感じが。
どこか冷めて人生諦めているようで、いやいや全然!
物凄く熱くて、貪欲。
葛藤も嫌な思いもたくさんしたと思うけど
あえて茨の道を進むような、そんな彼らがかっこよくて大好きだった。

彼らの音楽に触れて感じたことは、今の私の糧になってるんじゃないかなー。
救われたこともたくさんあったしね。

また久しぶりに聞いてみようかな。

君は間違ってない

あることに対する自分の対応が良かったのか悪かったのか、を
考えながらテレビをつけたら

「君は間違ってない。君は間違ってないよ。」

という言葉がいきなり耳に飛び込んできた。

見ていたのは「鹿男あをによし」の再放送。
答え?をくれたのは玉木宏さん。
なんか、凄いはっきり断言してたから驚いた。

シンクロ・・・?
テレビは質問に答えてくれるって聞いてたけど、これもそうなのかしら??

カラーボトル

そういえば、昨年までいた職場では
仕事上、いつも「カラーボトル」という言葉を見聞きしていた。

その時は「仙台出身のバンドの名前」としてのものだったんだけど
昨年末からその「カラーボトル」を扱う
オーラソーマの勉強を始めるようになった。

毎日毎日見聞きしてたから
それが刷り込まれちゃったのか、
何かのサインとして
私の周りを飛び交っていたのかはわからないけど
ふと気がついて、なんだか面白くなった。

他にもそうゆう偶然いっぱいあるんだろうな。

2001年宇宙の旅

とても大事な キミの想いは
無駄にならない 世界は廻る
ほんの少しの 僕の気持ちも
巡り巡るよ

くり返す このポリリズム
あの行動は まるで恋だね
くり返す いつかみたいな
あの感動が 甦るの


Perfumeのポリリズムは凄いなー。
この歌は本当に凄い。びっくりする。
プロデューサーの中田さんは何かを受信している、と思う。
媒体であるPerfumeも選ばれた存在なんだろうなぁ~・・・。


で。
この時期感動が甦るのが、2001年に見たしし座流星群のこと。
前年に騒がれた時はそれほど興味がなかったのに
その年はなぜか、何かに引っ張られているような、
何かに背中を押されているような気がして
今感じておかなければ、気づいておかなければ、と
なんだかよくわからない衝動と変な使命感を感じていた。

流れ星を見たことがなかったので
見られたら人生初体験、もしその初体験ができるなら
BUMP OF CHICKENの「天体観測」を聞きながら見たい!!と
深夜、CDと防寒服と飲み物を用意してその時を待った。
ものの5分もすると最初の星が現れたのだけど
初めて見るその光景があまりに衝撃的で、とても願い事どころではなかった。

その頃の私は、職場の上司を憎み、呪い、
その呪いがまんまと自分に返ってきてしまい、体調を崩していた。
他者を攻撃することで心のバランスを取ろうとしていたのかもしれない。
結果的にそれが良かったのか悪かったのか、暴走する感情を止め、
今一度自分を見つめ直すきっかけにはなっていたと思う。

そんな状態だったので、感受性が妙に高ぶっていた気がする。
よく泣いてたし、何でも感動してたし、すぐショックを受けていたし、
常に心が震えているような、不安定な状態だった。
だから、流れ星には縋るような思いで救いを求めていたのかもしれない。


天体観測を聞きながら絶え間なく流れる星を眺めていると
ふと、閃いた。

「あ、私、あれ(流れ星)と同じだ。」

私は、流れ星とも、机とも、手にしているコップとも、すべて同じなんだ。
なんの根拠もなく、突然そう感じた。

今、天空で起こっている現象は
宇宙の中で起こる出来事のひとつ。
とても、自然なこと。
ああ、そうか。
だから、私はここにいてもいいんだ。

過去から未来へと命を繋ぐ、部品のひとつに過ぎないけれど
大きな時間の流れに必要な、とても大事な存在。
生まれてきた意味、使命に囚われ過ぎていた私は
そのまんまでいいんだよ、と自分を認めてもらえたような気がして
なんだか凄くホッとしたのを覚えている。

明け方引き上げて、布団に入ったものの
身体が冷え切っていた為しばらく震えが止まらなかったけど
とても貴重な、有意義な時間を過ごせて幸せだった。


あの時、突然閃いた言葉。
ひょっとしたら、あれはハイヤーセルフだったのかな・・・・?


口があんぐり

・・・・・いやー。
あんぐり。

マスコミに報復って・・・・・。
スポンサー降りるって・・・・・凄いよねぇ。
そうゆうこと平気で言えちゃうんだねぇ。

怒りの矛先間違ってないかい?
あれだけ異常にマスコミが取り上げるのは
それだけ異常なことをしてきた人たちがいるからでしょ?
罪にも問われずに、のうのうと生きてる人がいるからなんじゃないの?

なんか凄いよ。
いろんな意味で。
さすが別世界の人間だわ。


・・・・でもさ、これ、なんで表に出てきたんだろ?
きっと今までだったら、絶対表に出せない話でしょ。
鉗口令くらいの情報操作はいくらでもしてきたんじゃないのかね?

何かが大暴れして悪あがきしてる反面、
こうやってあぶり出されてきてるってことは
今のこのタイミングだからなのかも。

これも自浄作用なのかしらね。

コップの中の宇宙

子供の頃、宇宙はどんどん進んでいくと
壁のような到達点があって、さらに、
その宇宙そのものはコップのような入れ物に入ってて
上から巨人が覗いてるんじゃないだろうか?と
いかにも子供っぽい、アニメっぽい想像をしていたことがあった。

いつだったかその話を誰かとしていた時に
「自分も同じことを思ったことがある!」と盛り上がり、
生きてきた環境が全然違うのに、同じことを想像してたなんて
面白いな~と思った。

今でも、ふと、巨人というか
何か大きなものに見守られてるのかもなぁと、思うことがある。
「見守る何か」「見守られる私たち」とはっきりした区別はなく
全部ひっくるめた存在なんだけど、その中でも
何か、とてつもなく大きな存在が私たちを見守ってくれてるのかなー、なんて。

子供の頃は、そんな巨人のことを想像をするとワクワクしてたけど
今はワクワクというより、有り難いなぁという気持ちになる。
ずっと見守っててくれて、ありがとう!みたいなね。

罪悪感を手放す

リンクさせて頂いているifさんのサイトPANDORAの記事、
「直観について」の中でエジプトの女神ハトホルについて触れている箇所があった。
その後、何の気なしに女神カードを引いてみたら、「HATHOR(ハトアー)」が出た。
ハトアーとはハトホルのこと。

うーむ。
最近こういったシンクロが頻発するなぁ。

ハトアーのメッセージは、「受け入れる」。
カードの意味のひとつ、
「受け取ることへの罪悪感を手放す」に思わずドキッとした。

求めるくせに、受け取るのが苦手。
心のどこかで、私なんか幸せになっちゃいけないと思ってる。

受け入れることは女性エネルギーの本質なんだそうだ。
それを今までずっとブロックしてきたんだから、そりゃあバランス悪いよねぇ・・・。

女性性のブロックについては以前から自覚していた。
昔、とあるお店でペンジュラムの動きでチャクラの状態を見てもらった時
眉間のチャクラではぶぅんぶぅんエライ勢いで回ってたのに対し
ハートチャクラの部分ではピタ・・・と止まり、微動だにしない。
面白いくらいに何度試しても同じ。
止まった部分は、活性化されていないということ。

また、オーラソーマのピンクのボトルを使おうとすると
使いたい反面、使いたくない自分もいることに気づく。
思い切って使ってみたものの、途中どうしても使うのが嫌になって中断し
一本使い終わるのにずいぶん時間がかかったこともあった。
自分を受け入れたくない、変わりたくないという気持ちの現れだったと思う。

そもそも、なぜブロックをしていたのか?
小さい時から感じていた罪悪感・・・やはり、これが原因?
では、その罪悪感は一体どこからやってきたのだろう・・・?
そして、その罪悪感を手放すには・・・・ひたすらアファーメーション??

・・・なんてことを考えながら、これまたしばらく中断していた
b-106のラツィエルのボトルを久しぶりに胸に塗っていたら
中心からジワジワと何かが広がっていくような感覚が・・・・。

悩みの根本を突き止めないと解決の糸口は見つからない。
あーでもないこーでもないと果てしない回り道をながら
いよいよ核心に到達か??

同系色

父の布団に埋もれる猫。

うぅぅ、可愛いすぎる・・・!


同系色


癒しと変容

本日のカード。

・妖精カード
Miracle Healing(奇跡的な癒し)
「奇跡を期待してください。
奇跡が起こってほしいというあなたの願いがまもなく叶えられます。
あなたの抱える問題をもっと神へ預けるようにすれば、
急速なスピードで癒しが起こるでしょう。」

・女神カード
BUTTERFLY MAIDEN・・・Transformation(変容)
「あなたは急速に変化しています。その変化は祝福をもたらします」

女神カードの意味
新しいものが訪れている時期なので、結末を心配しないこと。
この変化はあなたの願いが届いた結果起きている。
古いものを手放す。
この変化はあなたにとって最良であり、心配は不要である。


うひょー。なんだかスゴイな。
インナーチャイルドを癒す、自分を愛す。
実践の効果が少しずつ出てきてるってことかしら。

「古いものを手放す」というキーワードは以前からよく目にしてた。
その古いものとは何か、どうやって手放せばよいのか
見当もつかなかったんだけど
自分を受け入れていくってことなのかなぁ?と思った。

女神カードのメッセージの一部。
「ボロボロになった古いものに感謝してください!
あなたが学んだすべてのことを優しく抱きしめて、そして手放すのです!」

凝り固まった固定観念をそろそろ解放してあげなさいってことか・・?
私が築き上げた壁は、時に私を守ってくれた存在でもあったけど
お役御免の時期にきたのかもしれない。

扉が開く→癒される→変容・・・・?
それともその逆?
まぁどっちにしろ良い方へ向ってるならいいか。

この女神は初めて出たけど
色合いがとても綺麗。

変容




私は、私自身を愛す

最近やってるアファーメーション。
気がついた時に、自分を責めそうになった時に
意識して心の中でつぶやく。

自分が一番自分を突き放してるということに
ようやく気づけるようになってきたので
呪文のように唱えて暗示をかける。

私は私。
私は私のことが大好き。
何が悪い?

自分を卑下する言葉を常に思い浮かべていたから
それが癖になっちゃって、いつのまにか当たり前になっちゃって
ついには居心地よく感じるようになってしまった。

阿呆か。
せっかく私で生まれてきたのに、もったいない。

「楽しんだモン勝ち」って、あれ、正解だよ。

自分をたくさん愛してあげて
楽しい思いをさせてあげた方がいいに決まってる。

過去の私にも今の私にも未来の私にも
楽しく生きる権利がある。
私にはそれだけの価値もある。

今、私がここにいるということは
実は、とんでもない奇跡なのだ。
そんな奇跡の存在を愛してあげないなんて
罰あたりにも程がある。

だから、今までの自分を卑下する言葉が
軽く超えるくらいの愛の言葉を自分に向けてみる。

アファーメーションって少し前までよくわからなかったけど
結構重要なんだな~と思うようになってきた。
だって、自分好き好き言ってると
なんだか心がウキウキしてくる・・・不思議。

他人に求めるよりも手っ取り早くていいかも。
好きな時に好きなだけ、しかも誰にも迷惑をかけない。

自分で自分を受け入れて初めて、意識は他人に行くんじゃないかな~。
ある程度自分で満たしてあげないと、余裕がなくなるもんね。

自分を肯定してあげることって、実は何よりも大切なのかもしれない。

Self Control

高校生の頃、深夜に放送していたPVを流す番組で
TM NETWORKのこの曲を知った。

PVの中では10人くらいの子供たちが
皆同じ白い服を着て膝を抱えてうつむいている。
曲が進むにつれ、次第に子供たちの顔に笑顔が戻っていく。

心に鬱積していく「何か」を上手く消化できずに
悶々と過ごす・・・という多感で面倒なお年頃だった私には
疾走感のある曲と「自分を取り戻せ」と歌う詞とその映像がとても衝撃的で
初めて見た時から胸が震え、画面に釘付けになった。

自由、心の解放への憧れ。
子供たちが羨ましくて、でも、見てると自分も最後には笑顔になっていた。
画面の子供たちに自分を投影してたんじゃないかなー。
毎日毎日、録画したこのPVを繰り返し見ていたのを思い出す。

何年か後、ミリオンのブームがやってきて
「あーあ。」というような歌ばかりが増え続けていったけど
この歌だけは別格だった。


今、改めてこの歌の重みを思う。

GIRL NEXT DOOR

最近よく見聞きするこの言葉。
9月に鳴り物入りでデビューしたエイベックスのユニットの名前。
音は相変わらずここの会社らしい作りなので
音楽そのものは耳を素通りする。

気になったのはそのユニット名。
慣用句があるようだけど
耳にするたび、NEXT DOOR の部分が引っかかる。
また扉か、みたいな。。

扉・・・意識を上げろってことか・・?

自分の信念を持つ

オーラの泉での美輪さんと江原さんの言葉。

自分の信念を持つと人の意見に振り回されない。

自分の考えが不安定のまま
誰かの発した言葉に感銘を受けると
それがさも自分から発せられた思い、辿り着いた結論であるかのような
錯覚を起こすことがあるのではないか。

ワタシとこの人の考えていることは一緒だ、
この人ならワタシを理解してくれる、
この人の教えについていけばいいんだ・・・

と、ならない為にも日頃から自分の考えを
見極められるようにしておいた方が良いのかもしれない。

本当にそれが、自分が導き出したものなのかどうか。

黄金のチャンス

本日のカード。

・女神カード
YEMANYA・・・Golden Opportunity(黄金のチャンス)
「とても重要な扉が今開かれています。扉を通り抜けてください」

う。
また扉を開く、だ・・・。


~人生には波があり引き潮と満ち潮があります。
いろいろな周期を楽しみながら体験を重ね・・・・・・~

・・・なるほどねぇ。
たしかにある。
乗ってる時とそうでない時。

それと
いくつかあるカードの意味の
「この新しいチャンスを受け入れる資格があり、受け入れてもよいと認める」
は、結構ポイントかも。

イエマーニャ

日光浴

天気が良いので
久々に日光浴。

ちらほら虹も出てて綺麗。

水晶

PageTop

プロフィール

Author:しろたえ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。