スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読まれてる

自分の存在を自分が認めることは案外難しい。
少しずつ変化はしつつも結構根深い。
頭ではわかってるんだけどねーって感じ。
だから、他人の何気ない言葉に敏感に反応したりしてしまう。
結局自意識過剰なんだよね。
そうやって自分で自分に呪いをかけてる。
そんなことをウダウダ考えながらお風呂に入っていたら
久しぶりに涙が出てきた。
そういえば最近泣いてなかったなー、これも浄化か?

で、カードを引いてみると

大天使カード「Gift from God」

サンダルフォン

女神カード「DANA」

ダナ


不思議なんだけど、偶然っちゃあ偶然なんだけど
感じてることを読んだかのような意味のカードが出るんだよね。
うーん。わかっちゃいるんだけどさぁ~・・・。


ちなみに妖精カードはこれ
「Make Music」

音楽


そうそう、先日注文したCDが届いたので早速聴いている。
マークゴールデンバーグとフィルコリンズ。

CD.jpg


マークゴールデンバーグは
サントリーのCMで使用されている曲が聴きたくて買ったんだけど
テレビ番組のBGM等で時々耳にしたことがあるような
「あ、これもこの人の曲だったんだ。」みたいな発見があって面白い。

フィルコリンズは懐かしいんだけど古さは感じさせず、聴いてて楽しい。
日本語の歌詞が読みたいから今度は日本盤を探すか。

こうゆうウキウキした気持ちが大事よってことを
妖精カードは言いたかったのかな。

スポンサーサイト

ゆとり教育

普段あまり考えることもなかった「ゆとり教育」。

これってさ、ある特定の人々が
そうした教育によって思考力を低下させるというか
要するにバカに育てて自分たちの扱いやすいように
するためのものだったんだろうか?
と、ふと思ったんだけど、どうなんだろう?
建前とかじゃなくて、本当の本当の本当の狙いは
一体何だったの?

BANDAGEとLoveless

本日のMステ。
赤西君と山下君がソロで出演。
曲の好みは山下君かなー。
似たようなのをどこかで聴いた気もするけど。

赤西君と一緒に出ていた某さんの作る歌がどうも苦手。
彼のプロデュースしたバンド等は軒並み拒否反応が出てしまう。
なんかあざとさを感じちゃうんだよなぁ。

赤西君、鎖骨触られて逃げる姿が可愛かったわ。

薔薇色の夜を。

日経マガジンに載ってたフォアローゼズの広告。

懐かしい。
20歳くらいの頃、流行ってたのかソーダ割りにしてよく飲んでた。

そういえばいつだったか、バーでウィスキーを注文したら
バーテンさんが氷を花の形に削って出してくれた。
あれは薔薇だったかなー?

ウィスキーの広告は綺麗だから好き。


薔薇色の夜を


動かし始めた

脱衣所の洗面台に置いてある時計。
電池が切れたきり取り替えてなかった。
動いていればお風呂上がりに時間を確認できて便利なのに
電池の買い置きがないわけでもないのに
なんだか面倒くさくてずっと見て見ぬふり。

今日はなんとなく思いついて電池を入れた。
途端、動き出した針。

そこでハッとしたのは
自分で自分の針を止めていたのかもしれない、ということ。
こんな風に今までもきっかけはいくらでもあったのに
肝心の自分自身がそうゆう気にならなかっただけ。
ようやく自分の気持ちが自分を動かそうと思い始めたのかなぁ。
自分を動かしてみなきゃ、そりゃあ周りがどう動くかなんてわからないよ。

時計の針を見ながら、そんなことを思った。

ドレミの歌

ブログ巡りをしていて素敵映像を発見。

高校生の頃、文化祭で合唱部の人達が
サウンドオブミュージックの曲を
ミュージカル仕立てでメドレーにして歌ってて
なんかそれがすごく感動したんだよね。
映画を好きになったのもたぶんそれがきっかけだったと思う。

文化祭ってそういえば今くらいの時期?
懐かしいな。

この映像、周りの人の笑顔がいい。
でも同じことを日本でやったらどうだろう?
警備員がすっ飛んできそうだな~。





PageTop

プロフィール

Author:しろたえ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。