スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I am

朝方、まどろみの中で「I am」という言葉が何度か出てきた。
聞こえるような、見えるような。
そのバックで流れていた曲はストラビンスキーの「春の祭典」。
火の鳥という言葉も。

I am。
私。
ずっと昔、UP-BEATの「What am I?」を
同じことを考えてる人がいるなーなんて思いながら聴いてたっけ。

オーラソーマのボトルにもI amってあったな、と探したら
上がレッドで下がゴールドの色合いのb-40。
この色、最近私が作ったブレスとなにやらシンクロしてる。
やっぱり突然したい!と思ったことってそれなりに意味があるのかしら。
オーラソーマでのこのボトルのテーマは「自己覚醒と自己を知る。」
アファーメーションは「私は人生にイエスと言います。」

そういえば少し前、「私は過去への執着を手放します」と
アファーメーションをしながら目が覚めたことがあった。
過去を手放し、今の自分にフォーカス?
夢の中で何してんだ私、と思ったけど
今朝のこととつながってるのかも。

スポンサーサイト

11対0

なんだか悪用されていないだろうか。
これ、本当?誘導されてない?
そもそもこの数字すら怪しいもんだけど。
マスコミは大半が嬉しそうにお祭り騒ぎ。
ところが今朝のスパモニの出演者は
この流れに違和感を感じている様子。
まともな感覚だと思う。

市民感情って何だろう?
そんな曖昧なものに人は流されてしまうのかな。
こうやって冤罪も作られていくんだろうか。
思考の停止。
とても恐ろしいことだと思うんだけど。

見え隠れする「独裁」の文字。
薄気味悪さを感じる。

EASTER WONDERLAND

久々のディズニーランド。
平日、寒い、雨。
空いてていいかもよ?と真冬仕様の服装で向かう。
案の定、どこのアトラクションもスイスイ。
いつも思うんだけど、万歩計持ってたらどれくらいになるんだろう?
行くと大抵一日中いるからね。

ゲートをくぐるとミッキーをはじめキャラクターたちがわんさか。
ウサギがポーズを取ってくれた。
うぅぅ、可愛い!

ウサギ


タマゴに入ったこの子たちが可愛いかったので連れて帰って来た。
ぬいぐるみに萌えたのって何年ぶりだろ。

ウサギ2  プーさん


エッグハントはナイスな企画だったなぁ。

私のための。

短期間だけどパワーストーン屋でバイトをしたことがあり
店頭用にブレスレットやストラップを作っていたのだけど
考えたら自分で自分の為に作ったことがなかったなー
レッドルチルの入ったブレスが欲しいなー、とふと思い立ち
手持ちのブレスを改造して作ってみた。

レモン、グレープ、オレンジ・・・飴玉みたいな
美味しそうなブレスが出来上がった。
全体的にチャクラの下の方を意識したような色合い。
たぶん私が今求めてる色なんだろう。

お店で作っていた時、全体の予算とテーマの範囲内であれば
割りと自分の好きなように自由に作れたから楽しかったんだよね。
今は店頭の石を選びたい放題とはいかないけど
好みの石を買ってきて一人じっくり配置を考えながら作るのはやっぱり楽しい。
また色々と作ってみようっと。


ルチルブレス


テン捕獲

ニュースを見て唖然。
捕まえてどうするの?
取り調べでもする気?
問題はそこじゃないでしょう。
マスコミもマスコミ。
与えられた情報を垂れ流すだけだから
こんな無意味な報道しかできない。
愚か者。

「自分では何も決められないくせに」

「自分では何も決められないくせに」
「自分じゃ何も考えられねぇから 世の中が一つの方向に行くと 簡単に流されちまう」

NHKのドキュメンタリー風歴史番組「タイムスクープハンター」。
昨夜放送された「かぶき者たちの夜」の鷹太郎の言葉にハッとする。
自分の思考を冷静に観察せねば。

アリス

アリスの玩具菓子があるとつい買っちゃう。
菓子と言いながら入ってるのは中指の爪ほどのガム一個。
でも、欲しいんだよなぁ。


アリス


メサイア症候群

リンクして頂いているアジア雑貨屋のNさんのブログ記事。
共依存以外にそんな言葉があるなんて初めて知った。
救世主かぁ~・・・なんだか笑っちゃうけど、事は深刻らしい。

セミナーさえ受ければ誰でもヒーリングサロンを開けるようになった昨今。
果たしてどれだけの人が本当の意味での「資格」があるのか、以前から疑問だった。
過去にいくつかヒーリングサロン巡りをしていたことがあるけど
今思えば、あの人たちは本当に自身が癒されていたのだろうか?
クライアントを癒しているつもりでも、実は未だ癒されていない自分を癒していたのではないだろうか?
そういったセラピストやヒーラーが他人を癒すことができるのだろうか?

セラピストやヒーラーを名乗りながら、心が不安定であったり、突然音信不通になったり。
自分の心身が不安定のまま、運営を続けていていいのだろうか?
癒しって一体何なんだろう?
クライアントが抱える問題と向き合ううちに
自分でも気づかなかった、もしくは敢えて蓋をしていた問題を引きずり出されて
他人を癒すどころではない、辛い状態になってしまう人もいるかもしれない。

私がレイキのマスターコースに進もうと思えないのも
オーラソーマの次のレベルに進もうと思えないのも
今の自分にそれ以上進むことが必要なのかどうかよくわからないと同時に
本当にその「資格」があるのかと問われれば「ない」だろう、と。
自分では気づかない癒されていない部分がまだある、
他人の想念に負けてしまうであろう弱さがある・・・そんな自覚があるのだ。
そして、これまでの経験から結局自分を癒せるのは他人ではない、自分以外にいないということ。
中途半端に癒された自分が他人を癒そうだなんておこがましい、傲慢で嫌だな、という気持ちと
自分を癒せるのは自分だけ、だからそんなもん自分でなんとかしろ、という気持ちもある。
セラピストが運営するブログのコメント欄に、もはや信者のように群がる人達を見てると
コメントでは一見前向きなことを書いてても、その状況が既に依存なのではないか。

「誰かを癒したい」という思いを持つこと自体は悪いことではないし
私の中にもあるからこそあーでもないこーでもないと考えてしまうんだけど
まず自分自身の状態を見極めてからでも遅くはないだろうし
自分を癒してから余裕がある上で、おこぼれ・・・と言うと言い方悪いけど
結果的に他人もちょっと癒しちゃってた、みたいな感じでいいんじゃないかなーと思う。

Nさんは実際にヒーリングに携わる立場でありながら
この手の話は以前から口を酸っぱくして書いている。
一歩引いて現状に警鐘を鳴らす発言って、なかなかできないんじゃないかな。

PageTop

プロフィール

Author:しろたえ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。