スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラリマーがやってきた

少し前に変な夢を見た。
ゴルフボールより少し大きめのルチルクオーツの丸玉を
誰かに「飲みこめ」と言われている。
当然無理なので、「いやいや無理です」と拒否をした。
目が覚めてなんでこんな夢を見たのか不思議だった。

しばらくしてアジア雑貨屋のNオーナーのブログに石の写真が載っていて
真っ先に目が行ったのがラリマーのペンダントトップ。
ああ、綺麗だ、と日に何度もその画像を眺めた。
ラリマーは今までそれほど興味があったわけではなく
特に綺麗だとも思ったことがなかった。
それが何だろう、この変り様は。

ある日、先日見た奇妙な夢のことを考えていてハッとした。
飲みこめ→飲みこめない→喉がつまってる・・・・?
ラリマーの水色は喉にある第5チャクラの色。
あの夢は喉が詰まってるぞ、という意味だったのか。
水色のラリマーに惹かれたのは
喉の詰まりをこれで取れよ、という意味だったのか。

日に日にラリマーへの思いは募る。
欲しい・・・。
ラリマーは偽物が多いと聞くし、買うなら信頼できるお店で、ということで
一泊の温泉旅行がてら、Nオーナーのお店に行って来た。
念願のラリマーに会える・・・!と思ったのもつかの間、少し前に
ラリマー好きな男性が何点かをまとめてごっそり買って行ったという。
うーん、そういうご縁もあるのかぁ~・・・と店内に残っていた2点のうち
粒が大きい方を購入。
最初に惹かれたものとは違うかもしれないけど
それでも念願だったので嬉しかった。

ところが、家に帰って何気なくNオーナーのブログを見ていると
私が買ったものと画像のラリマーの模様がまったく同じであることに気づき
すぐに問い合わせた。
Nオーナー曰く、撮影後に売れ難い場所のケースに展示していたそうで
ラリマー好きな男性の目には止まらなかったようだ。
素敵な偶然に感動。
毎日毎日画像に向かって「欲しい~欲しい~」と念じていたのが
石にも伝わったのかしら?

今まで興味を感じなかったのは、私自身がそこまで必要としてなかったか
喉のチャクラやラリマーの持つ意味に向き合えなかったからか。
今はそれを必要とし、向き合えるようになったからか。
とにかく、初めて気になったものが手元にやってきてくれたなんてとても嬉しい。
ラリマーちゃん、どうぞよろしくね。


ラリマー


スポンサーサイト

祝!!

徳光さん、ご結婚おめでとう~!
お相手がみーたん(東京MXの田野辺美鈴アナ)だなんて!!
2人が出演してた朝の番組を毎日見てたからかしら、なんだかとても感慨深い・・・。
そして身内のことのようにうれしいわ。
末永くお幸せに!!

時計の針を元に戻してはいけない

今まで、次々と総理が辞めていくことについて
それほどなんとも思っていなかった。
え、また?とか、え、もう?とかそんな程度。
今日は違う。
ショック。
かつての歴代総理の辞任時には決して湧きあがらなかった感情。
無関心だった頃には絶対に感じなかったもの。
それだけでも私には収穫だった。
去年の大勝はひとりひとりがもっと真剣に自分たちのことを考えなければ、と
気づいた人がそれだけ多かったってことなんじゃないか。
であれば、今回のことも第一歩なのかもしれない。
何かを変化させるのって、そんなにあっさりできるはずないから。
でも、ほんの些細なきっかけがいずれ大きなうねりを生むこともある。
よく聞く言葉だけど、もう時計の針を元に戻してはいけないんだ。


追記

「みなさん方と協力をして日本の歴史を変えよう。
官僚任せの政治じゃない。政治主導、国民のみなさんが主役になる政治を作ろう。」

「官が独占している今までの仕事をできる限り
公を開くということをやろうじゃありませんか。
みなさん方が主役になって、本当に国民が主役になる、
そういう政治を、社会を作り上げることができる。」

「官僚の独占した社会ではなく、できるだけ民が、
国民のみなさんができることは全部やりおおせるような社会に変えていく、
そのお力を貸していただきたいと思います。
東アジアの共同体の話もそうです。今すぐという話ではありません。
でも、必ずこの時代が来るんです」

詳報1
詳報2
詳報3


これだけ何度も何度も「官僚まかせではない国民のための政治、社会に」と
繰り返した発言を過去に聞いたことがあっただろうか。
マスコミはこの最も重要な部分をきちんと伝えているだろうか。
「国民が聞く耳を持たなくなった」この部分だけを取り上げ、
「はぁ?アタシ達のせい?と思っちゃいますよね」と居直る女性コメンテーター。
こーゆーのに人はまんまと誘導されてしまうのだ。
それがどれだけ無責任な言葉であるか指摘すらできずに。
他人まかせの思考停止が世の中を駄目にしているという現実を
私自身も含め、いよいよ本気で考える時がきたのではないだろうか。

PageTop

プロフィール

しろたえ

Author:しろたえ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。