スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メサイア症候群

リンクして頂いているアジア雑貨屋のNさんのブログ記事。
共依存以外にそんな言葉があるなんて初めて知った。
救世主かぁ~・・・なんだか笑っちゃうけど、事は深刻らしい。

セミナーさえ受ければ誰でもヒーリングサロンを開けるようになった昨今。
果たしてどれだけの人が本当の意味での「資格」があるのか、以前から疑問だった。
過去にいくつかヒーリングサロン巡りをしていたことがあるけど
今思えば、あの人たちは本当に自身が癒されていたのだろうか?
クライアントを癒しているつもりでも、実は未だ癒されていない自分を癒していたのではないだろうか?
そういったセラピストやヒーラーが他人を癒すことができるのだろうか?

セラピストやヒーラーを名乗りながら、心が不安定であったり、突然音信不通になったり。
自分の心身が不安定のまま、運営を続けていていいのだろうか?
癒しって一体何なんだろう?
クライアントが抱える問題と向き合ううちに
自分でも気づかなかった、もしくは敢えて蓋をしていた問題を引きずり出されて
他人を癒すどころではない、辛い状態になってしまう人もいるかもしれない。

私がレイキのマスターコースに進もうと思えないのも
オーラソーマの次のレベルに進もうと思えないのも
今の自分にそれ以上進むことが必要なのかどうかよくわからないと同時に
本当にその「資格」があるのかと問われれば「ない」だろう、と。
自分では気づかない癒されていない部分がまだある、
他人の想念に負けてしまうであろう弱さがある・・・そんな自覚があるのだ。
そして、これまでの経験から結局自分を癒せるのは他人ではない、自分以外にいないということ。
中途半端に癒された自分が他人を癒そうだなんておこがましい、傲慢で嫌だな、という気持ちと
自分を癒せるのは自分だけ、だからそんなもん自分でなんとかしろ、という気持ちもある。
セラピストが運営するブログのコメント欄に、もはや信者のように群がる人達を見てると
コメントでは一見前向きなことを書いてても、その状況が既に依存なのではないか。

「誰かを癒したい」という思いを持つこと自体は悪いことではないし
私の中にもあるからこそあーでもないこーでもないと考えてしまうんだけど
まず自分自身の状態を見極めてからでも遅くはないだろうし
自分を癒してから余裕がある上で、おこぼれ・・・と言うと言い方悪いけど
結果的に他人もちょっと癒しちゃってた、みたいな感じでいいんじゃないかなーと思う。

Nさんは実際にヒーリングに携わる立場でありながら
この手の話は以前から口を酸っぱくして書いている。
一歩引いて現状に警鐘を鳴らす発言って、なかなかできないんじゃないかな。

アリスPageTop333超え

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://shirotae726.blog33.fc2.com/tb.php/188-1068c315

プロフィール

しろたえ

Author:しろたえ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。