スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コップの中の宇宙

子供の頃、宇宙はどんどん進んでいくと
壁のような到達点があって、さらに、
その宇宙そのものはコップのような入れ物に入ってて
上から巨人が覗いてるんじゃないだろうか?と
いかにも子供っぽい、アニメっぽい想像をしていたことがあった。

いつだったかその話を誰かとしていた時に
「自分も同じことを思ったことがある!」と盛り上がり、
生きてきた環境が全然違うのに、同じことを想像してたなんて
面白いな~と思った。

今でも、ふと、巨人というか
何か大きなものに見守られてるのかもなぁと、思うことがある。
「見守る何か」「見守られる私たち」とはっきりした区別はなく
全部ひっくるめた存在なんだけど、その中でも
何か、とてつもなく大きな存在が私たちを見守ってくれてるのかなー、なんて。

子供の頃は、そんな巨人のことを想像をするとワクワクしてたけど
今はワクワクというより、有り難いなぁという気持ちになる。
ずっと見守っててくれて、ありがとう!みたいなね。

口があんぐりPageTop罪悪感を手放す

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://shirotae726.blog33.fc2.com/tb.php/37-5bae948e

プロフィール

しろたえ

Author:しろたえ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。