スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001年宇宙の旅

とても大事な キミの想いは
無駄にならない 世界は廻る
ほんの少しの 僕の気持ちも
巡り巡るよ

くり返す このポリリズム
あの行動は まるで恋だね
くり返す いつかみたいな
あの感動が 甦るの


Perfumeのポリリズムは凄いなー。
この歌は本当に凄い。びっくりする。
プロデューサーの中田さんは何かを受信している、と思う。
媒体であるPerfumeも選ばれた存在なんだろうなぁ~・・・。


で。
この時期感動が甦るのが、2001年に見たしし座流星群のこと。
前年に騒がれた時はそれほど興味がなかったのに
その年はなぜか、何かに引っ張られているような、
何かに背中を押されているような気がして
今感じておかなければ、気づいておかなければ、と
なんだかよくわからない衝動と変な使命感を感じていた。

流れ星を見たことがなかったので
見られたら人生初体験、もしその初体験ができるなら
BUMP OF CHICKENの「天体観測」を聞きながら見たい!!と
深夜、CDと防寒服と飲み物を用意してその時を待った。
ものの5分もすると最初の星が現れたのだけど
初めて見るその光景があまりに衝撃的で、とても願い事どころではなかった。

その頃の私は、職場の上司を憎み、呪い、
その呪いがまんまと自分に返ってきてしまい、体調を崩していた。
他者を攻撃することで心のバランスを取ろうとしていたのかもしれない。
結果的にそれが良かったのか悪かったのか、暴走する感情を止め、
今一度自分を見つめ直すきっかけにはなっていたと思う。

そんな状態だったので、感受性が妙に高ぶっていた気がする。
よく泣いてたし、何でも感動してたし、すぐショックを受けていたし、
常に心が震えているような、不安定な状態だった。
だから、流れ星には縋るような思いで救いを求めていたのかもしれない。


天体観測を聞きながら絶え間なく流れる星を眺めていると
ふと、閃いた。

「あ、私、あれ(流れ星)と同じだ。」

私は、流れ星とも、机とも、手にしているコップとも、すべて同じなんだ。
なんの根拠もなく、突然そう感じた。

今、天空で起こっている現象は
宇宙の中で起こる出来事のひとつ。
とても、自然なこと。
ああ、そうか。
だから、私はここにいてもいいんだ。

過去から未来へと命を繋ぐ、部品のひとつに過ぎないけれど
大きな時間の流れに必要な、とても大事な存在。
生まれてきた意味、使命に囚われ過ぎていた私は
そのまんまでいいんだよ、と自分を認めてもらえたような気がして
なんだか凄くホッとしたのを覚えている。

明け方引き上げて、布団に入ったものの
身体が冷え切っていた為しばらく震えが止まらなかったけど
とても貴重な、有意義な時間を過ごせて幸せだった。


あの時、突然閃いた言葉。
ひょっとしたら、あれはハイヤーセルフだったのかな・・・・?


カラーボトルPageTop口があんぐり

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://shirotae726.blog33.fc2.com/tb.php/39-9eb707aa

プロフィール

しろたえ

Author:しろたえ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。