スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UP-BEAT

私が学生の頃大好きだったバンド。
既に解散し、手元にあるCD等を聞くのみになってしまったけど
アルバムのタイトルに「inner ocean」とあったり
シングルのタイトルに「Angel's Voice」とあったり
トンデモ好きには引っかかるような言葉が時折出てくる。
「NAKED 」のジャケ写に至ってはボーカルの広石君の
眉間が青く光っちゃっててまんまじゃないか・・・!
当時はそれほど気にとめてなったけど、改めて見ると凄いなぁ。

心を探究するような歌詞が多かったから
そうゆうタイトルやジャケ写になるのは
それほど不思議ではないのかな。

自分と向き合い過ぎて、苦しんで、もがきながらも
必死で自分を生きていこうとする姿が響いたんだよね。
ちゃんと現実を生きてる感じが。
どこか冷めて人生諦めているようで、いやいや全然!
物凄く熱くて、貪欲。
葛藤も嫌な思いもたくさんしたと思うけど
あえて茨の道を進むような、そんな彼らがかっこよくて大好きだった。

彼らの音楽に触れて感じたことは、今の私の糧になってるんじゃないかなー。
救われたこともたくさんあったしね。

また久しぶりに聞いてみようかな。

紅白PageTop君は間違ってない

Comment

No title

 うふふっ、UP-BEAT、ご存じの通り、わたくしも大好きです!
 違った意味でも好きでしたが(笑)苦しそうなところに、当時、苦しかった自分も共感していたのかも・・・と桔梗さんの記事を読みながら考えてました。

 あの時、あの時期でなければ作れない音楽や小説、芸術があって、そこにビシッとはまった人たちが惹かれていってムーブメントが起きて・・・という流れは、共時性ともいえなくもないかな?とふと思ったり。
わたしも久しぶりにUP-BEAT聴いてみようと思います。

No title

インタビュー記事を読んでは一緒に頭を悩ませたり、めちゃめちゃ共鳴してました。

違う意味で・・・凡ちゃんとの絡みは美しかったですもんね(笑)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://shirotae726.blog33.fc2.com/tb.php/42-9d8b20c5

プロフィール

しろたえ

Author:しろたえ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。