スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の感受性くらい

茨木のり子さんの詩、「自分の感受性くらい」。
はじめて目にした時、本当にガツンと殴られたような気分になった。
恥ずかしくて、穴があったら入りたいというか
でも、なんか愛情みたいなものを感じて泣きそうになった。
こんな風に叱ってくれる人がいることが、とても有り難いと思った。



ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難かしくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮しのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ


St. ValentinePageTopRESCUE

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://shirotae726.blog33.fc2.com/tb.php/89-952d3172

プロフィール

しろたえ

Author:しろたえ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。