スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高のごちそう

コンビニ弁当に抵抗を感じるようになって以来
職場には自宅からお弁当を持参するようになった。
前日の夕飯を少しお弁当用に残しておいたり
母が朝焼いてくれる玉子焼きだったり。

白飯とおかずを2品くらい。
保温機能付きのお弁当箱ではないけど、充分あったかくて美味しい。
最高の贅沢、最高のごちそうだなぁなんて思いながら毎日食べる。
子供の頃はお弁当をこんな風に感じることがあまりなかったなぁ。
当たり前に思ってたからかな。

今日は天気が良かったので
両親もお弁当を持って旧古河庭園のバラを見に出かけたらしい。
おかかと梅干しのおにぎりと漬物を少し。
こちらも最高のごちそう・・!!

思いがいっぱい詰まってるから
お弁当って美味しく感じるんだよね。

素晴らしい、素晴らしい、本当に素晴らしい演技だった。
彼は強い。
やっぱり何か持ってるんだなぁ。






素敵な一枚。

ガッツポーズ!


久々。

しばらくはずしていた赤黄オレンジの飴玉ブレス。
このところ意識が上の方にばかりいってしまっていると感じていて
ふと「あ、下に降ろせばいいんだ。」と思い出して、再び。
今着けてるのと一緒に2連で。

2連ブレス


ついでに8ヵ月ぶり(!)に髪を切った。
先週、節目だったものがあったのでね。
いい気分転換になったな。

先週金曜の地震発生時、私は揺れの少ない地域にいた。
慌ててテレビをつけ、飛び込んできた映像に呆然とした。
夜になり、普段は互いに飼っている猫の話題が主になることが多い
名古屋に住む友人からメールが来た。
帰宅困難者受け入れ情報、交通機関情報・・・。
携帯が繋がりにくい状態だったので
届いたのは友人が送信した時間よりもずっと後。
情報が更新される度に送ってくれていたのだろう、
次々と届くメールに涙が出そうになった。

ありがとう。


今、私にできるのは不安を煽る流言飛語に惑わされず
むやみに商品の買い占めに走らず、冷静に状況を見守ること。
先程、石灯籠が倒れたままの神社に行ってきた。
一刻も早い救済と復興を願う。

梅の向こうに

本日600メートルを越えて
自立式電波塔として世界一になったスカイツリー。
朝からヘリコプターが賑やかだったなぁ。



梅の向こうに


梅の向こうに2


立春への準備?

1週間くらい前に風邪を引いた。
気管支が弱いのか、いつも最後まで残るのは咳。
喉のチャクラが弱いというのもあるのかなぁ。
ここ数日で急速に回復に向かったので
1年の締め括りとしての浄化か?とも思ったり。

体調を崩して改めて感じたんだけど
やっぱり食べ物って大事。
ただ口に入れて腹を満たすだけじゃなくて
エネルギーも一緒に身体に入れてるから
具合が悪い時ほど食物のエネルギーに身体が敏感に反応する。
・・・ということに、初めて気がついた。
そういう時ほど、自分でご飯炊いたりお粥作った方がいい、と思った。
この違い、驚いたけど気づいてよかったかも。

そんなこんなで体調も戻り、立春を迎えた。
今まであまり感じたことがなかったのだけど
何かが身体の中に満ちてくるというか、ワクワクしてくる感じ。
楽しいこと起こるかな。

BPO

昨年末の全日本フィギュアの放送の仕方について
BPOに意見が寄せられていた。

http://www.bpo.gr.jp/audience/opinion/2010/201012.html

これに関して何件寄せられていたのか詳細が知りたいところだけど
やはり同じことを感じている人が多いんだなぁ。
女子選手の視聴率が物凄かったけど
あれは決して、決して、決して、放送局の編成が評価されたわけではない。
勘違いして欲しくない。
(それでも数字さえ取れりゃあいいんだウホホとか思ってんだろうけどね・・。)

視聴者がフィギュアスケートを放送する番組にチャンネルを合わせるのは
基礎知識に対して「へーえ」なんて言ってるタレントを見たいためではなく
思わず虫唾が走るポエムアナの実況を聞くためでもない。
「今ここでこの編集映像は必要?」と思うような
妙な煽り映像を見たいためでもない。
ただ、一人でも多くの選手の演技が見たい、それだけだと思う。

良かれと思ってやってるのなら改めて欲しいし
視聴率が取れてさえいればいいと言わんばかりの
選手の演技を蔑ろにするような放送ならいっそない方がいい。
スポーツの映像はそのまま流せばいい。
余計な編集などする必要はない。

先週、CSで全日本の再放送をやっていたので
会場の音声のみが流れる副音声に設定して録画をした。
男子選手の放送はまぁ良いとして
女子選手の放送の実況はね・・・キツイわ。

自分の台詞をとにかく話したいという意識が強いのか
まだ話し終っていない解説者の声に
自分の声をかぶせるなんてアナウンサーとしていかがなものか。

実況が選手の演技への印象を変に誘導してしまうってあると思うんだよね。
余計な声があるのとないのとでは見え方が全然違うから。
編集の仕方によってもきっと同じだと思う。

無料で見させてもらっておいてエラソーなこと言うなって
マスコミ関係者は思うかな。
無料なら何でも好き勝手に垂れ流していいのだろうか。
その無料放送を見た視聴者の反応で一喜一憂してるのは自分たちだよね。
そういう傲慢さは視聴者と作り手との乖離が進むだけ。

視聴率が高い番組内で自分の会社のCMが流れれば
内容なんてどうでも良いと考えているスポンサーがいるとしたら
放送局と共にそのスポンサーへの印象は悪くなるし
そんな意識の低い会社の商品なんて買う気にもならない。
視聴者=消費者なんだから。

BPOに寄せられた意見が多くの人の目に触れるのはいいことだと思うんだけど
どこまでこれらの声が放送局の人たちに届いているのか疑問。
年末年始の番組を見てても、やたらとだらだら長時間放送してるけど
内容はどこも芸人が大騒ぎしてるだけの代わり映えしないものばかり。
毎年苦情はあるだろうし、作り手側もわかっちゃいるけど・・
っていう飽和状態なのかしら。
BPOがただのガス抜きとしての存在であって欲しくないんだけどな。

新年最初の。

マヤンオラクルを引いてみた。

・光の言語 LANGUAGE OF LIGHT


光の言語


「このカードはあなたが次元間の門に近づいたことを告げています。
起きていることを注意深く見守ってください。
光の言語、すなわち聖なる自己のエネルギーが
あなたのライトボディの形成を助けています・・・・・・」

解説を目で追っててもなんだかよくわからない。
でも、なんとなくわかる気もする。
言葉でうまく表現できないんだけど、どうもそれでいいみたい。

「忘れないでください――あなたはすでにすべてを知っています・・・・・」

たぶんそうだと思う。
誰でもね。

メリークリスマス!

今年のケーキ。


今年のケーキ


お店の人が奥から出して来た時、あまりに紙袋が大きかったので
サイズを間違えて注文しちゃったかと思った。
お菓子の家は結構高さがあったのね。



話は違うが昨夜の全日本フィギュアの放送。
・・・・・酷すぎるぅぅぅぅぅ!!
32人も参加してるのに
まるで6人しか競技してないかのような・・・あれは、ないわー。
GPSのテレ朝も酷かったけどフジテレビはさらにその上をいくなぁ。
ゴールデンの一番いい時間に競技を流さずタレントを呼んでクイズ。
ファンはそんなものを見たくてチャンネルを合わせるわけじゃないでしょう。
番組の構成も酷い上にあの天井カメラ・・・お願い酔うからやめて。
案の定、あちらこちらで非難轟々。
然もありなん。

過剰な煽りはいらない。
スポーツは淡々と流してほしい。
充分ドラマがあるんだから。

来年の目標

朝、通勤途中にふと思いついた。

・体幹を鍛える

身体の中心を知りたい。
今更自分の身体に興味が出てきたのか
自分の中心をちゃんと把握しておきたいって思ったんだよね・・。

・ドビュッシーの「月の光」を弾けるようにする

ピアノ好きだったのに、反抗期に勢いで止めてしまった。
中途半端だからもう一度やってみようと。
「月の光」は憧れの曲。
「清い流れ」もまた弾きたいなぁ。

・古典を読む

田辺聖子さんの「文車日記」を読む度
田辺さんみたいに原文にウットリできたらなんて幸せだろう!と。
あと、昔の作品をきちんと読みたいと思って。

今までは来年の目標とか今年の抱負なんて
わりとうすぼんやりしてたんだけど
自分の中心、中身をどうこうしたいという欲が出てきた。
意識が変わったかな?

そんなことを考えていたら、職場のラジオからこの曲が。
「Y.M.C.A~若いうちは~やりたいこと~なんでもできるのさ~♪」

とりあえず、やってみよう。

あなたには私がいる

「あなたには私がいる」


今朝、目覚める時に出てきた言葉。

誰かに言っているような、言われているような。
両方かな。

黄金

近所の神社の銀杏の木。
ここの銀杏は毎年綺麗な黄金色になるから好き。


黄金



黄金色と言えば。
GPSフランス大会で小塚崇彦選手が金メダルを獲得!
落ち着いていて、気持ちを音に乗せようとしているのが伝わってきて
動画を見ながら朝から泣きそうになってしまった。
素晴らしい演技に、心が震えた。





23と竹鶴ハイボール

23をやたらとフューチャーされる夢を見るのは二度目。
シリウスかぁ。
よくわかんないなぁ。

夢の中で何かの日を決めようとしていたらしく
そこで23という数字がずっと目の前をチラチラしていた。

うーん。
わからん。

そんな今朝の夢を考えながらの夕飯は
お寿司とサラダと竹鶴12年ハイボール。
旨い。


竹鶴12年


人への怒りは自分への怒り。
人への苛立ちは自分への苛立ち。
人への憎しみは自分への憎しみ。

・・・そんなに自分をいじめちゃ可哀想よ。

人は自分の鏡。
人を許すことは自分を許すこと。

おべんとうと味噌汁の回し飲み

対照的だな~と思った最近読んだ本。


食卓の喜劇  おべんとうの時間


食べることは腹を満たすだけではない。
何を、どのように、誰と食べるか。
食べながら、何を感じるか。
身体と一緒に心も育つ。
だから、大事なんだろう。

悲劇を越え、もはや喜劇となった舞台に登場する子供たち。
これから先どんな影響が出てくるのだろうか。

「毎日楽しいと思えば楽しいんじゃ」

大好きな番組、東京MXで放送中の「5時に夢中」。
金曜アシスタントにミッツマングローブさんが加わり
贅沢すぎる濃いメンツが揃って日々録画がかかせない。

コーナーの一つに、視聴者からの質問に日替わりのコメンテーターが答える
「教えて!ゴジペディア」というものがある。
とある週の質問は「人生の宝物は?」
それぞれの回答に「ほぉ~」と思ったのだけど
一番ガツンときたのは木曜コメンテーター、作家の岩井志麻子さん。

「人生の宝物は?」→「楽天的気質」

岩井さんのコメント
「もちろん家族、友達、そういうものはみんな宝物でございますけど
やっぱり自分の楽天的気質というか、
私ね、ちょっといわゆる中二病というのをこじらせてて
30半ばまで『世の中は汚い、大人はみんな汚い、
どうして世の中は不正だらけでこんなに良くないのかしら、
私はこんなに純粋で真っ直ぐだから生きにくいんだわ』みたいのを
本気で思ってたんですよ。
それが何もかも失くした状態で一人で東京に出てきて
その時にやっと、自分がどんなにチンケで
それこそゾウリムシじゃないけどダメ人間で
逆に世の中がどんなにちゃんとしてて、みんなが真面目に働いて
みんなが一生懸命生きてるのかがわかって
ああ、世の中は楽しんだ、あの、なんか気持ちひとつですわね。
楽しい楽しくない、天国も地獄も心がけひとつであるんだ、と。
別に変な宗教に入ってるわけじゃないんですけど。
ようやく、やっぱりあのー、毎日楽しいと思えば楽しいんじゃという
とっても当たり前なことが宝物でございます。」

番組の最後、岩井さんは普段はエロ話が多いからか
「まさか志麻子さんの言葉に泣きそうになる日がくるなんてビックリです。」
という視聴者からのメールが紹介されていたが
「だから、生きてたら思いもよらないことがあるでしょう、ね?
楽しいと思えば楽しい!」
と大笑いしながら話していた。

ハッとして、ガツンときて、凄く納得。
岩井さんの大笑いする姿に、私も泣きそうになった。

羽根が見えそう

あ、天使。


先日放送されたフィギュアスケートの
「カーニバル・オン・アイス2010」で
小塚崇彦選手の演技を見ていてふと思った。
なんだか羽根が見えそうって。

彼の美しいイーグルが
たっぷり堪能できる、素晴らしい振り付け。
直線で滑る箇所では
「ああ、こういう天使、いるかも。」

素人の私が見ても、一つ一つの滑りが本当に丁寧で
大事に滑ろうとする気持ちが伝わってくる。

見てると切なくなってくるのに、何度も見てしまうのよね。







やれやれ

話し合いすらできない未熟な人達。
恫喝すれば何でも自分の思い通りになるとでも?
これじゃあどこかの国とまんま一緒。
世界中から笑われてるよ。

遊んでいるうちに

事件の証拠品を改ざんしてしまった、と。

そんな小学生のような言い訳を
恥ずかしげもなく言えてしまうのがまた驚く。

あ。
検事逮捕の速報。
ずいぶん素早い対応だけど
まさかこれで幕引きじゃないよね?
背後にもっと大きな何かがあるでしょ。
トカゲの尻尾切りで終わらせたら何の意味もない。

こうやっていとも簡単に冤罪が作られていく。
人一人の時間を奪い、人生を台無しにしても
相応の代償もなく過ごしている官僚はいくらでもいるでしょう。

こんな自浄作用のない組織に絶対権力を持たせていていいのだろうか。

胸キュンを求めて

タイトルだけは知っていた「ノッティングヒルの恋人」。
秋なので(秋なので?!)近頃胸キュンものを求めて
小説やら漫画やらを読んでいたので、新聞のテレビ欄でタイトルを見て
昔話題になってたし、ハズさないかも、と思って見たのだけれども。



・・・・・えぇ~・・・・??


・・・いやぁ、ぜんっぜん、ときめかなかったわ・・・。



私の大好きな日本のドラマ「やまとなでしこ」は
このシーンを参考(パクリ)にしたのね、とか
その辺しか目につくところがなかった・・・。
(やまとなでしこは何度見ても素晴らしいおとぎ話だと思う。)

色々と唐突すぎて、それが逆に苛々してしまって
せっかく寝る前に部屋を暗くしてムード作って見たのに
ちっとも感情移入できなかった。
途中で何度もやめようとしたけどそれもなぁ・・と思って
最後まで頑張ってみたけど・・・うーん。
字幕だったらまたちょっとは違っていたのかな?
期待していただけに残念。


まぁねぇ、恋は理屈じゃないしねぇ、
そういう展開もあるってことで。

・・・と、半ば自分に言い聞かせながら眠りについた。

謙虚な気持ちを思い出す

久しぶりにあった友人から
数年前から心の病で治療中だと打ち明けられた。
回復に向かっているようだけど、まだトンネルの出口が見えず不安とのこと。

わかるよ。
私もかれこれ10数年前はそうだったもの。
焦ってもしょうがないと思ってても焦るしね。
毎日、安定剤を飲む罪悪感との闘いみたいなもんだったし。

そんな時、直接病のことを話すわけではなかったけど
電話やFAX等でその時に感じていたことを伝えられる、聞いてくれる友人たちがいた。
今思えば、よく匙を投げられなかったなって。
ホントにね、皆様あの時はお付き合い頂きまして・・・って、頭が下がる思い。
有り難い存在。

普段、気がつくと聞き役にまわっていることが多いんだけど
ここぞっていう大事な時はちゃんと話を聞いてもらえてたんだよなぁ。

人ってやっぱり会話が大事なんだよね。
どんな些細な、たわい無い内容でも
「言葉を交わしている」という行為そのものにきっと意味があるんだ。

当事者にとってはアドバイスを求めるというよりも
聞いてもらっていることで安心するところがあるし
実際、聞くことしかできないしね・・・。
でも、それでずいぶん救われたんだよなぁ、私も。
何か言うとしたら、経験者は語る、で
「出口は絶対に見えてくるよ。だから大丈夫。」ってことかな。

友人の話を聞きながら
当時の自分のことを思い出したりして
「あの時はありがとう!」と、心の中が感謝の気持ちでいっぱいになった。
茫漠と生きてるとつい忘れがちになる謙虚さを取り戻した気がした。

HELLO,VIFAM / NEVER GIVE UP

子供の頃に好きだったロボットアニメで使用されていた曲が入ったCDを買った。
銀河漂流バイファム。
主人公のロディ君が好きで、雑誌の切り抜きを枕元に置いてたこともあったっけ。

当時、アニメの主題歌が英語の歌詞というのも珍しかったので、子供心に衝撃的だった。
当然歌えなくて、その後学校で帰国子女の同級生が「ああ、あれでしょ?」と
事も無げにスラスラと目の前で歌い出し、驚くとともに感動してしまった。

歌っているのはTAOというロックバンド。
バイファムのオープニングとエンディングの曲を歌っている。
絵も素敵で、オープニングは交信の声が入ってて躍動感があっていいし
エンディングは空の色がだんだん変わっていくところが好き。

2曲が入っているこのアルバムは初CD化で今年の4月に発売されたばかり。
気がついてよかったー、だってすぐに売れちゃいそうだもん。

子供の頃に聴いてずっと印象に残っている曲を
再び聴くことができるなんて、ホント、幸せ。


TAO.jpg





もう3年かぁ。

バリ島にレイキのサードを受けに行ったのは。
受けている最中、涙がポロポロ。
あれはなんだったんだろう?

当時はバリ在住、現在は沖縄で活動中のレイキの先生が
長野の飯田市でセミナーを開催するそう。
ご興味のある方、行ってみては。

「声」で運気を変える! 強運体質1dayセミナー

蓮と薔薇

ブレスレットを新調した。
少し大きめのローズクオーツは蓮と薔薇の形。
ラリマーは予定外だったけど、模様が美しくて石屋でつい衝動買い。
穏やかな感じでいいかも。

作りながら、ふとシフトチェンジという言葉が浮かんだ。


蓮と薔薇


0655

数字のメッセージ、ではなく。

NHKの教育テレビで朝6時55分からやってる5分間の番組。
友人からこの番組に出てくる猫が可愛いので見て!と言われて見始めた。
「ねこのうた」という歌に載せて募集した猫の写真を紹介していく。
最後にホロリとくる歌詞が素敵なの。
教えてくれた友人と私達も応募しちゃう~??なんて。
でもうち、ごはんはいつも同じものなのでスペシャルごはんはないんだよね・・。

近年稀に見るとても上質な番組。
たった5分間なのに本気出して作ってる感じがいい。
日めくりアニメは秀逸。

23時55分からの2355も面白いよ。

何をもって

生前の意思表示なしでも家族の同意があれば提供可能。
なんかもう、なんでもアリになってきたね。
そのうち本人がいくら提供しないと意思表示しても家族の同意が得られた為提供、なんて
意思表示カードが無意味になる日がくるかもしれない。

提供するかしないかはあくまで本人の意思でしょう。
確認ができないんだったら、それ以上踏み込むべきではないでしょう。

そもそも。
一体、何をもって人の死?
心臓は動いているのに、身体はあたたかいのに。

暴走してる。
個人の意思、善意とは別のところで悪用されてる気がする。
危険な流れに思えてならない。

心を水の中に

この頃よく出てくるイメージ。
心がざわつく時、心を丸い玉状のものに見立てて水の中に沈めていく。
ゆっくり、光が届かないくらい深いところへ。
不思議と心が落ち着く。

昔、知人とそんなイメージの話をしていて
その時はなかなかできなかったので
いつのまにか忘れていたんだけど
最近ふと思い出して
やるともなしにそのイメージを自分が見ていることに気づいて
ああ、あの人の言ってたことはこれか、と。

恐れや不安を感じない、不思議な空間。
居心地は悪くない。
安全な場所はちゃんと自分の中にあるんだなぁ。

退屈なのは世の中か、自分か。

思わず「う~~~~~~~ん。」と唸ってしまう
地下鉄の車内で見かけたカメラの広告のキャッチコピー。

上手いね。
鋭い。

磨きもしない空っぽの自分を棚に上げて
なんでもかんでも他人のせい。
最初に見た時はハッとした。

自分が動かなきゃ何も始まらないのだ。

枕代わり

今日は風があるから
敷居を枕にして気持ち良さそうに寝てる。


敷居を枕がわり


続・石けんシャンプー

石けんシャンプーを使い始めて約2か月。
使い心地も良くて、変えて正解だった。
地肌のかゆみやかぶれも今は特に感じないし
何より驚いたのが頭皮の臭いがしなくなったこと・・・!

油分が多いせいか、今までどんなに念入りに洗っても
洗ったそばからなんとなく頭皮の臭いを感じていて憂鬱だった。
特に夏場はたくさん汗をかくからテキメン。
それが、石けんシャンプーで洗うようになってから臭いがしない。
これには驚いた。

合成シャンプーのあのモコモコの泡は一体何だったのかしら。
香料とあのモコモコの泡ですっかり「洗ったつもり」になってしまっていたのかも。
それとも、洗浄力はあるのかもしれないけど
その他の添加物が臭いの原因になっていたとか。

石けんシャンプー独特の髪のキシミは「洗った―!」って感じでさっぱりするし
クエン酸リンスを洗面器に入れて薄めるやり方は子供の頃を思い出してなんだか懐かしい。
その後に無添加のコンディショナーをつければ
合成シャンプーを使っていた時みたいにツヤツヤでサラサラになる。
同じようなことでお悩みの方にはおススメ。

<<PrevPageTopNext>>

プロフィール

しろたえ

Author:しろたえ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。